お肌と老化と活性酸素

本日はお肌の老化を促進させてしまう

活性酸素

についてお話していきたいと思います。

 

活性酸素ってなに

活性な酸素とは、エネルギーが高く化学反応を起こしやすい酸素のことです。

そのままの状態で存在すると不安定のため他の物質と反応して安定な状態になりたいんです。

つまり、活性酸素には他の物質の性質を変えるエネルギーがあります。

 

一般的に反応を通して酸素がくっつくと”酸化する”といいます。

活性酸素ってどうやってできるの

活性酸素の発生源は”呼吸”です。

呼吸をする、つまり酸素を体内に取り入れることで活性酸素は発生してしまいます。

そして呼吸により取り入れた酸素の2%が活性酸素になると言われてます。

体内に入った酸素はスーパーオキシドやヒドロキシラジカルといった不安定な物質に姿を変えていきます。すごく酸化力が大きい状態です。

活性酸素の機能

活性酸素には良いイメージがありませんが、どういった機能をするのでしょうか。

 

実は酸素が活性化することで細菌・ウイルスなどから体を守ってくれているのです。

先ほど述べたように、活性酸素は不安定でエネルギーが高く、様々な物質に対して攻撃的です。

そのため、体外からやってきた細菌・ウイルスに攻撃をし撃退してくれるというのが活性酸素の役割なんです。

私たちは活性酸素がなかったら生きていけないんですね。

 

過剰な活性酸素が悪影響を及ぼす

活性酸素は体に必要な物質ですが、過剰に増えすぎてしまうと悪影響を及ぼします。

強い酸化力を持つ活性酸素は過剰になると、ウイルスなどに攻撃をするだけではなく、体を構成する健康な細胞にも攻撃をしてしまうんです。

細胞が攻撃されると、正しく機能ができなくなったり、死滅してしまうことがあり、最悪の場合がん細胞となってしまうこともあるのです。

 

この細胞が攻撃されて傷つけられることが体にとっては良くないのです。

 

活性酸素と老化の関係性とは

細胞にも一生がありやがて死んでしまいますが、死ぬ前に細胞分裂をくり返し新たな細胞となっていきます。

死んだ細胞は、垢などとして体外に排出されますが、お肌でも同様の現象が起きています。

つまり、細胞分裂をくり返し新しい細胞に切り替わっていき張りのあるお肌を作っていくのです。

 

そんな大事な細胞が活性酸素により攻撃されると新しい細胞が作られなくなってしまい、結果としてお肌が老化してしまうのです。

 

活性酸素を減らすためには

増えすぎてしまった活性酸素を減らすためにはどうしたらいいのか。

それは抗酸化物質を摂取することが大切です。

 

代表的な抗酸化物質にはビタミンEポリフェノール・カロテノイドなどが挙げられます。

この抗酸化物質は、細胞の代わりに活性酸素からの攻撃を受けます。

 

そして例えばビタミンEですが、活性酸素から攻撃を受けると元気がなくなってしまいます。そこにビタミンCがあると、疲弊してしまったビタミンEを元気にすることができ相乗効果が期待できます。 

 

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

 

health-beauty-you.hatenablog.com

 

活性酸素を理解してお肌の調子をよくしよう!

活性酸素について理解していただけたでしょうか。

お肌の調子をよくしていくためにはしっかりと栄養を摂り、体を酸化させないようにすることが大切です。

 

毎日の食生活を見直して、抗酸化物質を十分に摂取できているか一度見つめてみるのがよいかもしれません。