ビタミンCと乾燥肌

以前皮膚科でもらっているお薬で「シナール錠剤」をもらっていると書きました。

 

処方してもらった理由は、掻きむしりによりできてしまったシミ跡をなくしていくためです。 

シナール錠剤にはビタミンCが含まれていて、どうやらビタミンCを摂取していくとシミ跡に対して効果があるようです。

 

そこで、シナール錠剤に含有されているビタミンC、そしてお肌のシミ跡との関係について記載していこうと思います。

 

ビタミンCとは?

ビタミンCは化学的にはL-アスコルビン酸といい、図のような構造式になります。

 

f:id:mashi0120:20170329215236p:plain

 

まあわかりませんよね。笑

 

これが皆さんがよく知っているビタミンCの正体なんです。 

 

ビタミンCって水に溶けやすいって本当?

上の図を見てほしいのですが、ビタミンCの構造式には「OH(ヒドロキシ基)」や「ーCOCー(エーテル基)」がいくつか入っています。

簡単に言うと、これらの基がたくさんあるほど水に溶けやすくなります。 

 

比較としてビタミンAの画像を紹介します。

 

f:id:mashi0120:20170329220644p:plain

 

ビタミンCと異なり「OH基」が少なく水に溶けにくい構造となってます。

 

料理でビタミンCを摂取する

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。

 

野菜だと、黄・赤パプリカ、モロヘイヤ、ブロッコリーなどです。

果物だと、レモン、柿、キウイ、イチゴなどが挙げられます。

 

料理をするときには火を使うことが多いと思います。

ただビタミンは熱には弱いという話も聞きますよね?

 

ビタミンCは熱に弱いの?

調べていくとビタミンCは熱に弱いそうです。

熱を与えると分子が振動し始め、振動が大きくなっていくと結合が切れてしまい構造が壊れてしまいます。

 

もちろん構造式が壊れてしまうと、元の性質を失ってしまいますのでビタミンCとしての働きも失ってしまうんです。

 

そのため料理をする際にも注意が必要です。

 

ビタミンCを含む野菜を使って炒め物をするときには長く炒めるのではなく、さっと炒める程度にしたほうがよいですね。

また長い間火にかけて煮てしまうとビタミンCが溶け出してしまい、さらに熱で壊れてしまいます。

上記のことを気を付けて料理ができるといいですね。

 

ビタミンCを効率よく摂取するには

料理の際に気を付けることは学びましたね。

今度はビタミンCを効率よく摂取することについて話していきたいと思います。

 

ビタミンCを摂取することは大事です。

しかし一度にたくさん摂取しても効果は薄いんです。

なぜかというとビタミンCは体内に吸収される量が決まっており、過剰分は尿として体外へ排出されてしまうんです。

じゃあどうやったら必要なビタミンCを摂取できるのよ?

まず、複数回に分けて摂取することが良いです。
一度に多量摂取するのではなく、間隔を空けることでその間にビタミンCが消費されます。
このときがチャンスで、消費分のビタミンCを摂取すれば過剰になることなく、体内で吸収されます。

また食後に摂取することも大切なポイントです。
満腹時は吸収速度が遅く、ビタミンCを吸収する時間が長くなります。つまり体外に排出されるビタミンCが少なくなり、効率よく吸収することができるんです。

 

ビタミンCには種類があるって?

自分も知らなかったのですが、ビタミンCには種類があります。

還元型と酸化型ビタミンCです。
酸化型ビタミンCは、還元型ビタミンCの「OH」が「O」になっています。

一般的に構造式からHが離れていくと酸化されるといいます。

熱に弱いとされるビタミンCは酸化型のビタミンCなのです。

ですので、還元型ビタミンCの状態で調理をすれば、熱によってビタミンCが壊れることを防ぐことができ、効率よく摂取できるんです。

 

ビタミンEと一緒に摂取するとよい?

ビタミンCはビタミンEと合わせて摂取するとメリットがあります。

ビタミンEは体内で発生した活性酸素を無力化する作用があります。
ですが無力化に貢献したビタミンEも失活してしまいます。

そんな元気の無くなってしまったビタミンEを助けてくれるのがビタミンCです。

ビタミンEが元気になればまた活性酸素を無力化することができるのです。 

 

最後に

いかがでしたか?

ビタミンCの構造や効率よく摂取する方法を紹介しました。

 

僕はまだまだビタミンCを摂取していかないといけません。

継続的に服用してシミ跡が消えていくことを祈るばかりです。

 

乾燥肌でお困りのみなさん、一緒に頑張っていきましょう。

広告を非表示にする