ポリフェノールの種類:フラボノイド類とその性質

フラボノイド類はポリフェノール類の一種です。

特徴としては、フラバンという構造式を基本骨格とする化合物の集分類になります。

 

フラボノイド類の分類

フラボノイドの中にも分類があります。

アントシアニン類・カテキン類・イソフラボン類などが挙げられます。

 

アントシアニン

ナス・ブルーベリー・ブドウなどに多く含まれているフラボノイドです。

主に青紫色の色素をもつ物質で目に関する効果が最も広く知られています。 

 

カテキン

お茶に含まれているフラボノイドです。

ビタミンCやビタミンEなどの何十倍もの抗酸化作用があると言われており、美肌にも効果があると言われています。

またカテキンは無色ですが、酸化してしまうと変色して橙色っぽくなってしまいます。

緑茶を淹れて時間が経ってしまうと緑茶の色が多少変色してしまうのはこのためです。

 

イソフラボン

大豆に含まれるフラボノイドです。

強い抗酸化作用があることはもちろん、女性ホルモンに似たエストロゲンの働きをします。

女性ホルモンは肌のハリ・潤いなどの美容面をサポートし、美肌にしてくれる成分です。女性ホルモンが少なくなるとお肌が老化してしまうと言われています。

フラボノイド自体の性質として強い抗酸化作用があり、お肌の老化に対して効果があります。さらにエストロゲンの働きをするため、美肌になるためには必要不可欠の成分だと思います。

 

フラボノイドを積極的に摂ろう

フラボノイドは種類にって効果が異なりますので、まんべんなく野菜や果物、またはサプリメントから摂取しましょう! 

 

 

抗酸化物質

抗酸化物質の種類

ポリフェノール類

ビタミンC

ビタミンE

抗酸化作用を持つ物質:ポリフェノール類とその性質について

ポリフェノール = ポリ(多くの)+フェノール(ベンゼン環の水素の1つがOH基に置換されたもの)

基本骨格がベンゼン環であり、OH(ヒドロキシル)基を2個以上有している物質をポリフェノールと言います。

ポリフェノールはビタミンC・ビタミンEなどと同様に抗酸化作用を有している物質で、活性酸素を無毒化する作用があります。 

ポリフェノールの認知

ポリフェノールが世間に広く知れ渡ったのは、「フレンチパラドックス説」がきっかけと言われています。

これは「チーズなどの乳脂肪などの動物性脂肪を日々多量に摂取しているのに心臓病での死亡率が低い」という説のことです。

その理由として、フランス人がよく飲む赤ワインに豊富に含まれる「ポリフェノール」が心臓病のリスクを減らしているのでは?と言われています。

ポリフェノールの種類

ポリフェノールには4000とも5000ともいわれる種類があります。

それらはフラボノイド類とかフェノール酸類などに分類されます。

有名なものとしては、カテキンアントシアニンセサミンクマリンなどではないでしょうか。

なぜポリフェノールには抗酸化作用があるのか

ポリフェノールには多数のOH基が結合しています。

このOH基が活性酸素の一種であるスーパーオキシド・過酸化水素の無毒化に寄与します。抗酸化作用があるといわれるのはこのためです。

ポリフェノールの構造

ポリフェノールは、油に対して相溶性のよいベンゼン環と、水に対して相溶性のよいOH基が合わさった構造をしています。そのため水にも油にもなじむことができます。 

ポリフェノールの摂取について

ポリフェノールは水に溶けやすい性質を有しています。

ビタミンCと同じように体内で長時間保持しておくことができません。

吸収できなかった過剰分は、尿として体外へ排出されてしまいます。

そのため、こまめに摂取することが望ましいと言われています。

 

ビタミンCとは異なり熱にはある程度強いと言われていますが、あまりにも高温で調理をしてしまうとポリフェノールが壊れてしまいますので、煮る・蒸すという調理法がよいと思います。

ビタミンCとビタミンEってどんな関係があるの?お肌にも影響があるって??

ビタミンCとビタミンEは同時に摂取することが大切だとよく言われます。

それはなぜでしょうか。

 

本日は両者の関係性についてお話していこうと思います。

 

ビタミンCには2種類ある

ビタミンCには「酸化型」と「還元型」の2種類があります。

 

f:id:mashi0120:20170401164713p:plain

 

還元型から酸化型になると、環構造部の「OH」の部分が「O」となり、同時に「H」が放出されます。

また、一般的に熱に弱いとされるのは”酸化型”のビタミンCです。

詳しくは☟のサイト様を参考にしてください。

 

www.bronson.co.jp

 

ビタミンEの構造と抗酸化作用

f:id:mashi0120:20170401170055p:plain

 

ビタミンE(α-トコフェロール)は抗酸化物質と言います。

酸化力の強い活性酸素からの攻撃を受け、ビタミンEはラジカルとなります。

細胞などの代わりにビタミンEが攻撃を受けることで、体内の細胞は守られているのです。

ですから体内のビタミンE量が不足していると、体が酸性になり細胞が傷ついてしまいます。

 

ビタミンCとビタミンEの関係性

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると相乗効果がありますが、その理由を説明します。

先ほど説明したようにビタミンCには「還元型」と「酸化型」があり、2物質の間には「H」の授受があります。

ビタミンCが還元型→酸化型の過程で放出される「H」が、活性酸素により機能を失ったビタミンEと結びつくことで、ビタミンEは再び元気を取り戻します。

 

以上の関係性からビタミンCとビタミンEが深く関係があると言われるんです。

 

ビタミンとお肌との関係性

ビタミンを正しく摂らないと体が酸性になってしまい細胞が傷いてしまうと言いました。

細胞は代謝をくり返し新しい細胞を生み出し、組織を作っていくのにもかかわらず、その細胞が傷ついてしまってはそのサイクルが上手くいかなくなってしまいます。

結果としてお肌のターンオーバーも正しく機能せず、きれいなお肌になることはできません。

 

ビタミンを正しく摂取すること=美肌への近道

であるのです。

 

ビタミンCとビタミンEを多く含む食べ物

【ビタミンC】

・赤&黄ピーマン

・モロヘイヤ

・いちご

・パセリ

・キウイ

・柿

などの食べ物に含まれています。

 

ビタミンE

・アーモンド

・とうがらし

・いくら

キャビア

・うなぎ

・いわし

などの食べ物に含まれています。

 

こちらは👇下記サイト様を参考にさせていただきました。

 

www.eiyoukeisan.com

 

バランスよく栄養を摂ろう

今回は栄養素の中でビタミンCとビタミンEについてお話してきました。

栄養素がどういったメカニズムで機能しているかを知ると、頭の中がすっきりとしますよね。

そして料理を作る際にも、栄養に相乗効果のある野菜の組み合わせを考えることができるようになると思います。

お肌と老化と活性酸素

本日はお肌の老化を促進させてしまう

活性酸素

についてお話していきたいと思います。

 

活性酸素ってなに

活性な酸素とは、エネルギーが高く化学反応を起こしやすい酸素のことです。

そのままの状態で存在すると不安定のため他の物質と反応して安定な状態になりたいんです。

つまり、活性酸素には他の物質の性質を変えるエネルギーがあります。

 

一般的に反応を通して酸素がくっつくと”酸化する”といいます。

活性酸素ってどうやってできるの

活性酸素の発生源は”呼吸”です。

呼吸をする、つまり酸素を体内に取り入れることで活性酸素は発生してしまいます。

そして呼吸により取り入れた酸素の2%が活性酸素になると言われてます。

体内に入った酸素はスーパーオキシドやヒドロキシラジカルといった不安定な物質に姿を変えていきます。すごく酸化力が大きい状態です。

活性酸素の機能

活性酸素には良いイメージがありませんが、どういった機能をするのでしょうか。

 

実は酸素が活性化することで細菌・ウイルスなどから体を守ってくれているのです。

先ほど述べたように、活性酸素は不安定でエネルギーが高く、様々な物質に対して攻撃的です。

そのため、体外からやってきた細菌・ウイルスに攻撃をし撃退してくれるというのが活性酸素の役割なんです。

私たちは活性酸素がなかったら生きていけないんですね。

 

過剰な活性酸素が悪影響を及ぼす

活性酸素は体に必要な物質ですが、過剰に増えすぎてしまうと悪影響を及ぼします。

強い酸化力を持つ活性酸素は過剰になると、ウイルスなどに攻撃をするだけではなく、体を構成する健康な細胞にも攻撃をしてしまうんです。

細胞が攻撃されると、正しく機能ができなくなったり、死滅してしまうことがあり、最悪の場合がん細胞となってしまうこともあるのです。

 

この細胞が攻撃されて傷つけられることが体にとっては良くないのです。

 

活性酸素と老化の関係性とは

細胞にも一生がありやがて死んでしまいますが、死ぬ前に細胞分裂をくり返し新たな細胞となっていきます。

死んだ細胞は、垢などとして体外に排出されますが、お肌でも同様の現象が起きています。

つまり、細胞分裂をくり返し新しい細胞に切り替わっていき張りのあるお肌を作っていくのです。

 

そんな大事な細胞が活性酸素により攻撃されると新しい細胞が作られなくなってしまい、結果としてお肌が老化してしまうのです。

 

活性酸素を減らすためには

増えすぎてしまった活性酸素を減らすためにはどうしたらいいのか。

それは抗酸化物質を摂取することが大切です。

 

代表的な抗酸化物質にはビタミンEポリフェノール・カロテノイドなどが挙げられます。

この抗酸化物質は、細胞の代わりに活性酸素からの攻撃を受けます。

 

そして例えばビタミンEですが、活性酸素から攻撃を受けると元気がなくなってしまいます。そこにビタミンCがあると、疲弊してしまったビタミンEを元気にすることができ相乗効果が期待できます。 

 

↓こちらの記事も参考にしてみてください。

 

health-beauty-you.hatenablog.com

 

活性酸素を理解してお肌の調子をよくしよう!

活性酸素について理解していただけたでしょうか。

お肌の調子をよくしていくためにはしっかりと栄養を摂り、体を酸化させないようにすることが大切です。

 

毎日の食生活を見直して、抗酸化物質を十分に摂取できているか一度見つめてみるのがよいかもしれません。 

 

ビタミンCと乾燥肌

以前皮膚科でもらっているお薬で「シナール錠剤」をもらっていると書きました。

 

処方してもらった理由は、掻きむしりによりできてしまったシミ跡をなくしていくためです。 

シナール錠剤にはビタミンCが含まれていて、どうやらビタミンCを摂取していくとシミ跡に対して効果があるようです。

 

そこで、シナール錠剤に含有されているビタミンC、そしてお肌のシミ跡との関係について記載していこうと思います。

 

ビタミンCとは?

ビタミンCは化学的にはL-アスコルビン酸といい、図のような構造式になります。

 

f:id:mashi0120:20170329215236p:plain

 

まあわかりませんよね。笑

 

これが皆さんがよく知っているビタミンCの正体なんです。 

 

ビタミンCって水に溶けやすいって本当?

上の図を見てほしいのですが、ビタミンCの構造式には「OH(ヒドロキシ基)」や「ーCOCー(エーテル基)」がいくつか入っています。

簡単に言うと、これらの基がたくさんあるほど水に溶けやすくなります。 

 

比較としてビタミンAの画像を紹介します。

 

f:id:mashi0120:20170329220644p:plain

 

ビタミンCと異なり「OH基」が少なく水に溶けにくい構造となってます。

 

料理でビタミンCを摂取する

ビタミンCは果物や野菜に多く含まれています。

 

野菜だと、黄・赤パプリカ、モロヘイヤ、ブロッコリーなどです。

果物だと、レモン、柿、キウイ、イチゴなどが挙げられます。

 

料理をするときには火を使うことが多いと思います。

ただビタミンは熱には弱いという話も聞きますよね?

 

ビタミンCは熱に弱いの?

調べていくとビタミンCは熱に弱いそうです。

熱を与えると分子が振動し始め、振動が大きくなっていくと結合が切れてしまい構造が壊れてしまいます。

 

もちろん構造式が壊れてしまうと、元の性質を失ってしまいますのでビタミンCとしての働きも失ってしまうんです。

 

そのため料理をする際にも注意が必要です。

 

ビタミンCを含む野菜を使って炒め物をするときには長く炒めるのではなく、さっと炒める程度にしたほうがよいですね。

また長い間火にかけて煮てしまうとビタミンCが溶け出してしまい、さらに熱で壊れてしまいます。

上記のことを気を付けて料理ができるといいですね。

 

ビタミンCを効率よく摂取するには

料理の際に気を付けることは学びましたね。

今度はビタミンCを効率よく摂取することについて話していきたいと思います。

 

ビタミンCを摂取することは大事です。

しかし一度にたくさん摂取しても効果は薄いんです。

なぜかというとビタミンCは体内に吸収される量が決まっており、過剰分は尿として体外へ排出されてしまうんです。

じゃあどうやったら必要なビタミンCを摂取できるのよ?

まず、複数回に分けて摂取することが良いです。
一度に多量摂取するのではなく、間隔を空けることでその間にビタミンCが消費されます。
このときがチャンスで、消費分のビタミンCを摂取すれば過剰になることなく、体内で吸収されます。

また食後に摂取することも大切なポイントです。
満腹時は吸収速度が遅く、ビタミンCを吸収する時間が長くなります。つまり体外に排出されるビタミンCが少なくなり、効率よく吸収することができるんです。

 

ビタミンCには種類があるって?

自分も知らなかったのですが、ビタミンCには種類があります。

還元型と酸化型ビタミンCです。
酸化型ビタミンCは、還元型ビタミンCの「OH」が「O」になっています。

一般的に構造式からHが離れていくと酸化されるといいます。

熱に弱いとされるビタミンCは酸化型のビタミンCなのです。

ですので、還元型ビタミンCの状態で調理をすれば、熱によってビタミンCが壊れることを防ぐことができ、効率よく摂取できるんです。

 

ビタミンEと一緒に摂取するとよい?

ビタミンCはビタミンEと合わせて摂取するとメリットがあります。

ビタミンEは体内で発生した活性酸素を無力化する作用があります。
ですが無力化に貢献したビタミンEも失活してしまいます。

そんな元気の無くなってしまったビタミンEを助けてくれるのがビタミンCです。

ビタミンEが元気になればまた活性酸素を無力化することができるのです。 

 

最後に

いかがでしたか?

ビタミンCの構造や効率よく摂取する方法を紹介しました。

 

僕はまだまだビタミンCを摂取していかないといけません。

継続的に服用してシミ跡が消えていくことを祈るばかりです。

 

乾燥肌でお困りのみなさん、一緒に頑張っていきましょう。

僕が皮膚科でもらっている薬を紹介します

僕は乾燥肌です。乾燥肌つらいですよね。

やっと暖かくなってきてますが、まだまだ空気も乾燥しておりお肌がカサカサします(´・ω・`)

 

ですので、皮膚科には月1回の頻度でいまでも通ってます。

そこで今日は処方してもらってる薬を紹介していきます。

 

顔に塗るお薬

まず顔に塗布するタイプの薬から紹介していきます。

 

◇キンダベート軟膏

f:id:mashi0120:20170328205136j:plain

ステロイドで、かきむしったことによる炎症を抑えたり、悪化を防ぐ目的で使用します。 お肌の赤みやかゆみを抑えます。

 

ステロイドとしては低レベルの効き目です。

 

◇サンホワイト

f:id:mashi0120:20170328205111j:plain

白色ワセリンの一種です。

 

ワセリンは品質に幅があり、それに応じて金額が異なってきます。

この白色ワセリンは処方せんで購入できますが、保険が適用外になるため全額負担する必要があります。

  

体に塗るお薬

アンテベート軟膏

f:id:mashi0120:20170328205123j:plain

ピンク色のキャップのお薬です。

主成分は、「ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル」

 

(主成分とか言われてもよくわかりませんけど。笑)

 

効果は皮膚の炎症を抑えて、赤み、かゆみを和らげてくれます。

お肌に塗布すると、けっこうベタつくと感じるかもしれません。

 

◇テクスメテンユニバーサルクリーム

f:id:mashi0120:20170328205058j:plain

アンテベート軟膏とは異なり、黄色のキャップが目印です。

ステロイドの一種で強力なタイプですが、アンテベート軟膏に比べるとサラサラしていると思います。

 

頭に塗るお薬

◇リンデロン Vローション

f:id:mashi0120:20170328205157j:plain

頭に塗る薬です。

顔やお肌に塗るお薬と比べて、 粘度が低くしゃびしゃびです。

 

塗るときは薬を指に取り、髪の毛をかき分けて炎症部に塗布します。

 

◇トプシムローション

f:id:mashi0120:20170328205217j:plain

 トプシムローションはリンデロンVローションよりも強いお薬になります。

 

頭がかゆくて、フケが出てしまったときに塗布したところ、

2日後くらいにはかゆみは無くなり、フケも減りました。

 

ある程度の期間使用を続けないと、かゆみが再び生じてしまいます。 

お肌のシミのために飲む薬

シナール配合錠

f:id:mashi0120:20170328205146j:plain

基本的にはビタミンC不足を補う薬です。

服用のタイミングは食後になります。

 

ビタミンCは満腹の時に飲むのが効果があるといわれてます。

その理由については別の記事で紹介できればと思います。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

皆さんも一度は手にしたことのあるお薬かもしれません。

 

正しく使用して、乾燥肌に負けないように頑張っていきましょう!